ザガーロの効果と有効性

日本では研究が海外よりも遅れている

アメリカの臨床試験でも副作用の発現率は変わらず、効果は倍という結果となっているのです。これは恐らく日本の臨床試験では、明確に同じ条件で比較していない為に、副作用の発現率に大きな開きがあると考えられます。薄毛、脱毛症の治療に関しては、生命の危険性が少ない為に、日本では研究が海外よりも遅れているのが現状だからです。一般的に薄毛や脱毛症の人は、対人関係やストレスに悩まされたり、日常の飲食や睡眠などが安定していないなど、根底に症状と関連する原因があります。それを改善せずに無理矢理薬で薄毛や脱毛症だけを治療すると、往々にして副作用は発生するように感じます。なぜなら、自分で睡眠不足の時と充分に睡眠を取った時の毛髪の太さの変化を実感したことがあるからです。

有効性が高いところに注目

これは個人的な意見の為、どこまで参考になるかは分かりませんが、このように考えると副作用の発現率がある程度あったとしても、それはおおもとの原因を改善する事で出なくなる可能性もある為、従来のAGA薬と比較するよりも、有効性が高いところに注目すべきではないでしょうか。今現在悩んでいるのは薄毛や脱毛症のはずです。結果が出る前から、悩み続け、副作用があるから使用しないとするよりも、一縷の望みにかけて使用したいと思う人の方が多いはずです。そう考えると、医学は着実に進歩し、従来のAGA薬よりも良いものが出れば、試してみる事は大切です。しかしながら、日本で承認されたと言ってもあくまでも医薬品である為、市販はされていません。この為、気軽に試してみたいと考えている人はジェネリックの前立腺肥大を抑える薬、又は男性ホルモンから分泌される成分を抑制する薬を購入されると良いでしょう。主成分はどれもほとんど同じものですから。前立腺肥大の薬であっても、中身はほとんど一緒ですので、これを目安にしてください。

まえのページ⇒主成分が男性ホルモンから分泌される成分

ホーム